エンジン降ろしたら、想定外な…

Share on Facebook

昨日は夕方から、ガレノブさんにBUGを持ち込んで、例のオイルダダ漏れの原因究明を…

まずは、エンジンを降ろす準備を。

エアコンのコンプレッサーとツインキャブのマニ外しは覚悟してましたが、
オーバルのエンジンルームって高年式より狭いんですかね〜?
引き抜くにもあそこが当る、ココが引っ掛ると、オルタもプーリーもエンジンチンの類いも外して、
まだシャフトが抜けきらずに、さらにイグゾーストパイプとヒートエクスチェンジャーも当るので外す事に。
横着しようとしましたが、やはり急がば回れですかね…。

やっと降ろしたエンジンを見ると、オイルクーラー廻りは殆ど漏れはなく、乾いていますが、
フライホールはしっとりと濡れています。
さらにフライホイールの隙き間を覗くと、なにやら異物がぶらりと…。
まさかのケース破損かという最悪の事態が脳裏をよぎりました…

クラッチやフライホイールはノブさんがサクッと外してくれましたが、そこから現れた光景は…?

ポロッと外れかけていたのは、どうやらオイルギャラリープラグというパーツのようで、シール材で塞いだあとが分かりますが、圧力かなにかで剥がれ落ちそうになってました。

この写真は、ノブさんところにあるケースに嵌っているプラグとうちの外れたプラグ(蓋)です。
どうやら、プラグが脱落して、ここからオイルがダダ漏れしていたようです。
圧入してるような部品ぽいので、ここがゆるいなら新品に入れ替えるのがいいのかと思うのですが…
どうなんでしょうね…?

カテゴリー: BUG, VWメンテ記録等   パーマリンク

エンジン降ろしたら、想定外な… への6件のコメント

  1. タイムジャンクション より:

    指で押して入るのは緩すぎだと・・・たぶん外すときは打ち抜きだと思うので。

    • busbug56 より:

      指で最後迄は入りませんでしたが、圧入という程では…
      金属パテ系で埋めてもOKとの事だったので、それ系な接着剤付けて、入れたので、しばらくは様子見ます~。

  2. さわっち より:

    なんかオイルラインが唐突に抜けた感じのするオイル漏れでしたけど、
    こういう原因だったんですね。
    圧入代が、小さそうな感じを受けます。
    by なんちゃってエンジニア

    • busbug56 より:

      まさかこんなところが、外れる事も知りませんでした。
      圧入→指で強く押せば入る感じです…(笑)

  3. タイムジャンクション より:

    当たり面をチェックして大丈夫ならシールで塞いでおけば大丈夫なパーツですけど、新品があるなら気分は新しいパーツのほうがいいかもですね。エンジンが降りてるうちに他の部分もチェックできますね!! 

    • busbug56 より:

      新品を見つけたつもりでしたが、サイズが違いました…。
      たぶんプーリー側のプラグ…残念です。
      リフトで上げる、エンジン降ろすでだいぶ色々と観察が出来ました…