Klassisches VW Treffen…(続き)

Share on Facebook

さて久しぶりの更新になりますが、前回の続きを。

Klassisches VW Treffenというイベントにお邪魔しましたが、
朝寝坊して、目覚めたら5時過ぎ、千葉からは片道4時間弱かけて朝9時頃到着、私の仕事は川崎方面で3時から…
という訳で、わずか2時間程度の滞在でしたが、ヴィンテージに詳しくない私は眺めるだけで充分に満喫できました。
説明できる知識もないので、写真を並べましたがご勘弁を…。

芝生に並べるのも素敵ですね。

このワイナリーヒルズは私の育った町から近い場所でしたが、はじめて知りました。たぶん新しめな施設だと思うのですが。

施設内をパレードラン。ぜんぶ実働車なのが素敵です。

タイヤと車高のせいか、ミニカーのようにも見えて可愛いです。


オーバルにコーラルレッド(たぶん)、私的にはかなり好きな組合わせですが、私には似合わないかな…


ストローラーズさんは、スタンドエンジンの実演販売(笑)をしてました。

展示ではなく、お店の方が乗って来たと思われるオーバルでしたが、キャップがないのもまた絵になってました。


旧いランタンや雑貨もたくさんありました。

帰りに駐車場で見かけたレア車。オーナーさんに聞いたら手に入れたばかりとか。
ブラジルカルマンらしいです。

カテゴリー: イベント   パーマリンク

Klassisches VW Treffen…(続き) への6件のコメント

  1. 356 より:

    以前に乗っていた68をコーラルレッドに塗り替えたのですが、出来上がりはサーモンピンク…。未だ 「あ、ピンクのVWに乗っていた人だね」と言われることがあります(^^)。

    しかし…素晴らしい個体ばかりですね 1943年型とか…

    • papabus より:

      コーラルレッドの筈がサーモンピンクですか…難しい微妙な色ですよね。
      派手な方はピンクになるし、地味になると茶系になりそうな。
      私が乗ると紳士というより、メルヘンおじさんに見えそうなのが怖い…(笑)

  2. さわっち より:

    あ、前回のはイベントに、行ってたの前フリだったんですね。
    FXを選定に行ってたものとばかり。(ボケ

    • papabus より:

      イベントレポートの筈が、時間も気力も無く前フリになりました(笑)
      選定の旅の近況はこの次辺りでいけるかと…。

  3. KAKAA より:

    お疲れ様でした。
    ブラジルカルマンですが、ウインドウとフロントグリルを手で隠したらちゃんとカルマンに見えました。横のラインはそっくりなんですね~、というかそのもの?