夏休みは箱根に泊まって伊豆で遊ぶ(3)

2泊3日の伊豆旅行で3回も引っ張ってしまいましたが、これで最後です…。

3日目は、日の出とともに早起きしたのですが、箱根土産とか買っていたら、あっという間に11時過ぎに。
この日は、西伊豆方面へ海沿いを下って、良さそうな(できれば)白い砂浜で泳ぐという、かなりいいかげんなプランです。
箱根から国道1号を三島に下って、国道136号経由で三津へ、

三津シーパラダイスの先にある、小さな浜に寄り道。

ここも結構きれいでしたが、砂浜で遊んで次へ。

海沿いの道を寄り道しながら走り、

混んでいた大瀬崎はパスして。

「コーヒードーデスカ」と看板に書いてある怪しい気配につられて昼食を。
もしかして外人のオーナーとか想像してましたが、フツーに日本人のオーナーさんでした。

駐車場の脇には旧いコロナが置いてあり、伺ったところ、クルマ好きなオーナーさんのようでした。

パスタを頼みましたが、これは頼んだデザート(名前忘れました…)

食べ終わればもう2時過ぎ、戸田の手前にある、井田という海岸に寄ろうと、小道を入っていくと、いかにも海辺の町(村?)の雰囲気です。

岩場ですが、なかなか面白い作りの海水浴場で、ダイビングの方と家族連れも多く、海に迫る山の景観は孤島で泳いでるような気分になります。

水も澄んでいて気持ち良さそうで子供達もここで泳ぎたいとの事で、白い砂浜は次回に持越しに…。

波も穏やかで、小さい浜なので監視員の方もすぐそばにいます。そういえば私の子供の頃はいませんでしたねー。当たり前ですが本来は自己責任ですからね。
長女は、100Mは余裕でいけるのですが、悔しい事に私はもう長い距離はつらいですね〜。下の子も今年クロールで15メートル位は泳げるようになりましたが、ここでは念のため浮き輪を。

浮かぶフロートから飛び込みも出来るとあって子供達はかなり楽しかったようです。
何せ最近は、遊びで飛び込みが出来る場所はなかなかないですからね。

遊び疲れて、戸田に着いたのは6時過ぎ。

伊豆に住んでたくせに、西伊豆は詳しくないので、あたりをぶらつきながら食べログで捜した、港の目の前にある「丸吉」で夕食。

子供は念願の「金目鯛の煮付け」を。これも伊豆では子供の頃はフツーに食べれたのに、今はやや高級魚ですかね…。

私は、深海で採れるという白身魚の煮付け(名前忘れました)

これは海鮮丼です。
2階の座敷からは海も見え、どれもなかなか美味しかったです。

帰り道は修善寺辺りから混み始めたので、調べたら東名も御殿場辺りから混んでる模様。
沼津ICから東名で帰るつもりでしたが、国道1号で箱根越えして小田原厚木から東名で帰り何とか午前様にならずに帰宅できました。

一応、主な立寄ったエリアの地図です。
より大きな地図で hakone/izu を表示

カテゴリー: ドライブ・旅行   パーマリンク

夏休みは箱根に泊まって伊豆で遊ぶ(3) への2件のコメント

  1. 赤の’57 より:

    いい夏休みでしたね~!!
    西伊豆も昔はずいぶん通いましたが、ずっと行ってないですね…。
    夏の混んでる時期は長岡から熱函道路に入り、三島から国道1号、箱根から箱根新道、小田原から西湘バイパス、大磯あたりから小田原厚木道路というルートが多かったです。

    • papabus より:

      同じ伊豆でも西伊豆は違いますね~。
      久しぶりだし、三津より先はあまり詳しくないので新鮮でした。
      熱函道路を使ってましたか!さすがですね…。
      東名は空いてれば早くていいのですが、選択肢がある場合は融通が効くルートで帰る方が気が楽でいいですよね。