部屋の片付けをしてたら…

Share on Facebook

断捨離なんて言葉とは無縁な自分の部屋なんですが、本とBUSとバイクのパーツに未整理の両親の遺品やらで埋め尽くされて、ベットにPC机以外はもはや、けもの道程度のスペースを残すのみと、貧乏性な私にはなかなか落ち着くスペースなんですが、元は親父の部屋→そのうち追い出されて子供の部屋になることもあり、あまりに収拾がつかないので片付けを始めたのですが…

いろいろと出てくること、懐かしい写真や品々が…自分の懐かしい写真を見ながら想い出にふけるのは毎度の事ですが、今回は親父の昔の写真まで発掘してしまい、見た事もあまり聞いた憶えもない時代の写真が珍しくて…。

この写真は裏を見たら親父が5歳、大正12年と書いてありますが、書いてなければ誰の写真かわかりません。

親父の卒業証書まで出てきました。専修商業学校とありますが当時の高校? 東京都も東京府になってますね。

これは憶えがある風景に、私も小さい頃は、写真の引き伸ばし機をもらったり泊めてもらったりとお世話になった叔父だと思いますが、昭和なのは分かるのですが、このクルマはなんでしょうね?

しかし、昔の写真が色褪せても、こういうカタチで残っていることを考えるとアナログなメディアはすごいですね〜。
今、私がHDDに溜めたデジカメのデータなんか、十年後には使えない・取り出せないかもしれませんからね。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

部屋の片付けをしてたら… への6件のコメント

  1. タイムジャンクション より:

    屋根があるからダットサン・フェートン16型セダンですね♂ たしか1930年代後半の車両だったと!?

     TJの部屋なんか問題にならないぐらい片付いているじゃないですか~~~!! 

    • papabus より:

      1930年ですか〜今も持ってれば…ってうちのじゃないですけど。

      いや〜写っていない下の方はそれはもう…とても撮る勇気が…

  2. さわっち より:

    そんな、古い頃の写真があるなんて、
    庄屋様(オイ!)だったんですかな。

    私なんて、小学校以前の写真なんて、無いも同然です。
    (まぁ、山奥の生まれだしねぇ。)

    • papabus より:

      どうも親類に写真好きな人がいたようですが、詳しくはわかりません。
      なんせ今回の片づけで初めて見ましたから…

      そういえば私の子供の頃の写真は見たことないような…

  3. 赤の’57 より:

    ダットサン・フェートンじゃないでしょうか?
    ひしゃくでラジエターに水入れてるのですかね?
    渋いなあ…!!

    • papabus より:

      ダットサン・フェートン…ですか、よくこの写真でわかりますねー!
      わたしにはぜんぜんわかりませんでした。
      この場所、たぶんお寺の境内なので、ちょうどひしゃくがあったのかと…