夏休み…(後編というか残り)

Share on Facebook

前回は那須に着いた所で眠さに負けて終わったので、間が空いてしまって今更な感じですが残りを…。
那須に泊まった翌日、駐車場に出てみれば快晴!良かった…。
宿の近く(歩いてもすぐ)には御用邸があって、なんとも厳重な警備。
何でも道からちょっとでも入ったら、すぐに拡声器で注意、飛んできて呼び止められるようです。
当初の予定(希望)では、東武ワールドスクエアから日光へなんて思ってましたが、最初に寄った那須湯本と南ヶ丘牧場で思ったより時間を潰したので、遠回りは諦めてのんびり那須周辺を散策。
期間限定で開いているというニキ・ミュージアムにも寄りたかったのですが、ここは残念ながら時間切れ。帰路の東北道はかなりの渋滞のようなので、急いでもしかたないと、開き直って日帰り温泉へ。
日暮れまで那須にいたおかげで激しい渋滞をやり過ごして帰る事が出来ました。

少し早起きして、宿の廻りを散策。この辺りの雰囲気は、八ヶ岳の麓や軽井沢にも似て、
木漏れ日が差しこむ木立に沿って別荘や保養所がひっそりと散在しています。
駐車場に並ぶクルマを見るとレンタカーが多いです。確かに新幹線で那須まで来てレンタカーで廻るのは行き帰りの渋滞を考えると正解かも知れませんが、4人分の新幹線代+レンタカー代はキビシいなー…。

南ヶ丘牧場は、かなり混んでいたのと暑さにやられ、食事に並ぶ気にもならず、中で作っていたパンがおいしそうなので買って食べましたが、なかなかおいしかった。

園内に散在する建物は白壁の山荘風が多く、その廻りには松の木も目立ち独特の景観です。
大磯辺りにある別荘のようなイメージか…?

これは昔デパートの屋上にあったような(アンパンマンや仮面ライダーもあったかな)、
硬貨を入れるとガタガタと動く馬なんですが、木で出来ているのか端正な独特の質感とフォルムです。

遅い昼食で寄った道の駅で、限定の文字につられて食べた、那須牛の丼ぶり。
さしが細かく入った牛は美味かったのですが、やはり前日の宿のステーキの方が…。

湯本近くにある殺生石、かなり硫黄臭くて長時間はキツいです。

広い敷地にアジア系なお店が点在するマーケット。
上の子が寄りたがったのですが、前来た時は確かまだ幼稚園児で、ここで雪遊びをした記憶が…。

来たがった割には、どことなく漂うお香の匂いは苦手なようで…。

風呂から上がったら、ちょうど日が沈むところでした。

カテゴリー: ラパン   パーマリンク

夏休み…(後編というか残り) への4件のコメント

  1. papabus より:

    赤の’57さんも行かれましたか…
    駐車場整理のおじさんが変なパフォーマンスしてませんでしたか?
    お香もたまに嗅ぐといい香りなんですが、調子に乗って毎日使ってたら鼻について…。
    毎日香とかお線香の方が私には向いてるかも。

  2. 赤の’57 より:

    那須のアジアンマーケット、何回か行ったことあります。
    お香が安かったので大量買いしたのが今でも残っています。

  3. papabus より:

    さわっちさん、那須も脇道は木陰が多くて涼しげですが、幹線道路はキツいでしょうね。うちのBUSも同じです…。
    ホントは大谷の地下にも行きたかったです。

  4. さわっち より:

    最近、那須の方には行ってないから、
    涼しくなったら、久し振りに行ってみようっと。
    (暑いと路面の照り返しが強く、日陰も少ないし、
    行く過程で体力を消耗しますので。)
    って、やはり自転車かい!