信州へ雪遊びに…(後編)

Share on Facebook

今日は、暖かい一日でしたが風が強くて、畑が多いウチの辺りは土埃がスゴくて大変でした…。
だいぶ間が空いてしまいましたが、やっと後編です。
安曇野泉郷で翌朝早起きして散歩するつもりが寝坊してしまい、
部屋の窓から外を見ると真っ白…辺り一面雪です。
この景色が見たかった(見せたかったので)良かった。
チェックアウトして穂高の街に降りるともう雪の気配はまったくなし。
まずは以前来た時もブログに書いた「安曇野アートヒルズミュージアム」へ。
ここで子供達はお約束の「ガラス体験」をしたのですが、これで思ったより時間が掛かってしまいました。
今日は松本城は見せてあげたかったので、閉園までに間に合うようにとやや急ぎます。
なのでお気に入りの「碌山美術館」はパスして、大王わさび農場へ。
ここは子供達も2度目なのでわさびソフト食べてわさび漬けを買ってのんびりとしながらも私だけやや焦り気味。
安曇野を初めて訪れたのはバイクに乗って17歳の頃だったので、もう30年も前なんですね…
今はもうありませんが、気に入った喫茶店も見つけてよく通いました。
本当はもっと時間を取って、のんびりレンタサイクルで借りてのんびり景色を楽しみながら道祖神と美術館めぐりをするのが私的には一番いいと思います。
松本に向かう途中渋滞もありましたが、なんとか閉園30分前にすべり込み松本城見物。
前に来た時は中の急な階段に、「年を取ったらココはキツいよなー」と思ってましたが、今回すでにキツかったです…(苦笑)
早く閉めて上がりたい係のおじいさんたちは、時間前なのに、私たちが見た後を追うように戸締まりしてくのがなんとも…。
この後は旧い町並みを散策してナワテ通りで晩ご飯。なんてのんびりしてたらもう9時。諏訪湖SAからひとり夜景を眺めてクルマに戻るとみんな爆睡…。
それでもなんとか午前様にはならずに帰宅出来ました。

朝、部屋の窓から外を覗くと雪景色に変わってました。
ホントはこじんまりした宿の方が好きなんですが、子連れだと大箱のホテルの方が気楽です。ここは他の泉郷同様にコテージ(貸別荘)もあり、こちらの一部はペットも可です。

安曇野アートヒルズミュージアムの販売コーナー。
この他にも体験工房とミュージアムがあります。

今回の体験は板ガラスにガラス片や粒を置いて焼く事で、絵や模様を作る「フュージング」を。

工房に入っただけで窯のスゴい熱気です。

これはオイルランプ。色とフォルムが素敵で欲しかったのですが、
使い道ないので諦めました。

大王わさび農場のわさび田。

なんとか間に合った松本城。明治時代の大修繕を経てますが、築城400年を超えてるらしいです。

うちの子だから撮れる、下から見た急階段。
ミニスカはいた女の子のカップルがいたので、なるべく先に登るように気を使い…。

この頃はすでに銃での戦いを考えた備えが随所にあります。
これは…

外から見ると5階建て実は6階でここはその秘密の階。
なので窓も無く天井も低いです。

ここは四方に開けた月見櫓。床も年季が入ってます。

駐車場で見つけた復刻堂のキャラ缶。ウチの方では見た事ないのがあったようで買って喜んでました。

看板も凝ってる漆器屋さん。

この通りはこんな町並みが続きます。

薬屋さんもなかなか渋い店構え。
閉める所で中に入れませんでしたが、薬箱とかも年代物でした。

こちらは川を渡った、ナワテ通りの路地。
路地裏にも旧い感じのこじんまりとした飲食店が並びます。

ナワテ通りの古本屋さん。年代物の暮らしの手帖もかなりありました。
子供達は普段「ブックオフ」しか行かないので新鮮だったようです。
私は古本を2冊購入しました。

新しく出来た旧い感じのカレー屋さんで夕食。
皿も懐かしい感じです。

諏訪湖SAから見た諏訪湖の夜景。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

信州へ雪遊びに…(後編) への2件のコメント

  1. papabus より:

    sawacchiさん、ウチの近所ではウルトラマンはフツーに見かけますが、バルタンと仮面サイダーはあまり見かけないようで…。
    最近、エロなコメントとトラックバック多くなりましたねー、
    くれぐれも上の「どんだけSなんだよ」には喰い付かないでくださいね(笑)

  2. sawacchi より:

    えー、仮面サイダーって、普通に売ってないですか。
    と、食い付くのはそこかい!(笑