東京国際フォーラム…

Share on Facebook

今日はこれから仕事を少し片付けなくてはと、家で机に向かいブログの更新です。
東京国際フォーラムは、東京駅と有楽町の中間、旧都庁の跡地に出来た施設で、
京葉線の東京駅と地下で繋がっているので、私は乗換えに使うお馴染みの施設です。

よく税金の無駄遣いなどでやり玉に挙っているのでご存知の方も多いかと思いますが、建築物としては中も外もなかなか見応えがある作りです(さすが無駄遣い?)
建築は素人なので専門的な事は良く判りませんが、中のみどころはやはりガラス棟とよばれる建物。
細長い建物全部がガラスのような印象ですが、半分弱はフツーの作りで会議室やレストランがあり、
残り半分強が、地下から7F相当の吹き抜けをフレームと太い2本の柱で支えるガラスの巨大空間です。
貧乏性の私は見る度に、ついこの空間がもったいない、わが家なら何百個入るかなんて考えてしまいます。
さらにこのガラス側の側面には上下を行き来する細長い通路が吊るした状態で設置されていて、宙吊りな事を考えながら歩くとなかなかスリルを味わえます。
(確か京都駅にも同じ様な通路がありました)
ちなみに最上階からは東京駅を出る新幹線もよく見えます。

ガラス棟の最上階の端っこ(尖った部分)、誰もいません。

最上階から見下ろしたガラス棟内部、下の床面は地階になります。
斜めに横切るのは例の通路から会議室等のエリアに渡る通路。

地上階の端から。

地下から見上げると天井のフレームが良く見えます。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

東京国際フォーラム… への2件のコメント

  1. papabus より:

    k-ghiaさん、私としては乗換え前にひと休みとか、ビックカメラから京葉線を地下で繋いでくれたり、建物も見所満載と、魅力的なんですが、やはり運営は厳しいのですね。
    あそこの地下は車も入れるのに、クルマのイベントないですね…?

  2. k-ghia より:

    鈴木元都知事の負の遺産の一つと言われても仕方ない建物なんでしょうね。
    国際コンペで選ばれた案で、デザイン的にも空間構成的にもとても優れていると思いますし、東京という大都会の中の街作りという役割からも成功していると言えると思います。
    問題は、税金で作って赤字をたれ流しながら運営されていること。
    民間建築なら誰も文句は言わないんですけどね~