箱根へ…

Share on Facebook

先週、会社で加入している基金の保養所に泊まりに箱根へ。
フツーの宿よりは割安なので、泊まるために出掛けた感もありますが。
嫁さんの両親も一緒なのですが1台で行く方がラクだし楽しいだろうとBUSが出動です。(私的にはロマンスカー+箱根登山鉄道でのんびり行きたかった)
千葉から相模原経由で箱根の強羅泊。高速の渋滞を心配しましたが、行きも帰りも渋滞知らずで拍子抜け。
帰りは相模原の嫁さんの実家に立ち寄って、千葉への帰り道はもう夕方でしたが、通るついでにY150(横浜150年祭)にも立寄り。
期間が長いのでいつどんなイベントがあるのか判りづらいお祭りですが、
時間もないので赤れんが倉庫の周辺でコンパクトに楽しみました。

宿に入るには早かったので時間潰しに大湧谷へ。
あたり一面モクモクと温泉が湧出しておりますので、かなり硫黄臭いです。

子供達はロープウェイに乗りたがり、大湧谷から早雲山まで乗車。
私はクルマで早雲山駅に向かい待ち合わせ。

駅を出て暫くはなだらかな斜面ですが、そこが終わるとかなり深い谷間に。
写真では小さくて判りづらいですが、遥か下の谷間には温泉が湧出していて建物も点在。なかなかスリルがあります。

ロープウェイ終点の早雲山と強羅を結ぶケーブルカー。新型の綺麗な車両が残念です。
この乗り場で待っていたら、会社の同僚家族に偶然出くわしました。
この手の偶然は嬉しい様な、ラブホの待合室で知り合いに会う様なバツの悪さも感じたり…。例えが変ですか、すみません。

強羅駅から近く、宿のすぐ裏手にある「強羅公園」
彫刻の森辺りと較べるとやや地味ですが、入場料も安く、広くて手入れが行き届いた公園です。

公園内にある体験工房「クラフトハウス」の前で、風鈴が涼しげな音をたてて並んでいました。この風鈴は工房で作った商品です。

夕方、一人で宿を抜け出して「箱根登山鉄道」を見に強羅駅へ。
これは駅前の踏切から見た強羅駅。駅前には小さな土産物屋が並んで鉄道模型の駅みたいな風情。

だんだん少なくなって来た旧型車両(判らないですね、暗い写真ですみません)
前に乗った時の記憶では、床も板張りだったり、室内灯も古めかしいランプのようで雰囲気あります。

強羅から麓の湯本に向かってますが、めずらしく渋滞もなく日差しと緑が気持ちいいです。箱根駅伝もこの道を走ってますね。

横浜、赤れんが倉庫脇の駐車場へ。日が沈む直前に到着。

テレビなどでも紹介された宙に浮かぶ球体。

赤れんが倉庫から見ると左に観覧車、インターコンチネンタルホテル、例の球体。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

箱根へ… への2件のコメント

  1. papabus より:

    sawacchiさん、箱根登山鉄道は近場にしては味わいありますよ。
    自転車で富士山登るとは恐れ入ります。

  2. sawacchi より:

    箱根行くなら、ロマンスカー+箱根登山鉄道は、外せませんよね。
    あ、箱根にはまだ行った事がないな。(笑
    最近、県外にまた出掛けていません私。
    今月末には、富士山に登りますけど。(当然、自転車で。)