車検前の準備。

Share on Facebook

先日もブログに書きましたが、月末にはいよいよ2回目の車検です。
今回も厳しい我が家の財政と嫁さんの冷たい仕打ちにより、自分で直せるところは自分で直して車検に臨む事になりました。
という訳で、だいぶ貯金してある代休を久しぶりに使ってクルマいじりです。
朝イチでいつもお世話になっているガレージNOBさんにいき、場所と道具を借りて作業を始めます。

必須メニューのうち、
1.純正ウィンドウォッシャーは部品などが間に合わず、車検対応用に超簡易版をセット。

50円の透明ビニールホースと100均園芸用霧吹き。
ノズルへの分岐三つ又へのホースをこれと差し替えて使用。

テストの結果、純正より勢いは良いというか飛び過ぎかな(苦笑)

これはワイパースイッチ(レバー)を外したところで、左側奥の白い樹脂に刺さった太めな黒い2本がウォッシャー液。
水と電気の接点がこんなに近くに同居するとは度胸がいい作りです。

2.ボールジョイントブーツの残り片方を交換。
外してしまえばブーツ交換は簡単ですが、ブーツを止めるクリップが難物で嵌りません。
3.光軸、サイドスリップ、キャブ調整は持ち込み当日に片付ける事にしました。

これは空冷VWでは有名なコーヘーマシンさんから上がって来た、ビートの面研済みヘッド。残念ながら私のではないです。
綺麗で組んでしまうと見えないのが勿体無い。

ハザードスイッチのノブ。電球が切れて光りません。

カバーを外した中の電球。

カテゴリー: VWメンテ記録等   パーマリンク

車検前の準備。 への6件のコメント

  1. papabus より:

    TJさん、旧い軽も手動でしたか、安心しました。
    最近エンジンまわりがしっとり気味なのが気になりますが。

  2. TJ より:

    ウォッシャーは手動でOKです。古い360時代の軽自動車も同じなんで!! やはりヘッドライトの光量とか下回りのステアリング系のガタとオイル漏れなんかが車検のラインではチェック厳しいですね~~~

  3. papabus より:

    KAKAAさん、本当は付いてるタンクを復活させたかったのですが、空気を送る手段が…スペアタイアの代わりにホースを口で吹いても水は出ますが肺活量が決め手になります(笑)
    この簡易水出しシステムはやはり空冷VW乗りの方から教わりました。

  4. KAKAA より:

    おーっ、そーゆー手もあったのですね。
    実は私のカルマンもウオッシャー液がでない(というよりはタンク自体もあるべきとことにない)ので、なんとかせねばと日々考えておりましたが何かヒントになりそうです。
    (カルマン100台Mのとき100円でタンクをゲットさせていただいたのですがどーやって噴霧させようかと。。。スペアタイヤもないので。。)

  5. papabus より:

    sawacchiさん、私も気になりましたが、手動でもピュッと出ればいいらしいですよ。

  6. sawacchi より:

    ウォッシャーは、手動でも大丈夫なんですか?
    それは、知らなかった。
    車検は、ディーラーまかせで、ボンネットすら、開けた記憶が薄いです。(笑