地味な作業をコソコソと。

Share on Facebook

ここ10日位、仕事がドタバタしてブログの更新をする気力もなくしておりましたが、さらに追い打ちを掛けるようにこの記事も書き終わって「編集する」ポチッ、タイムアウト、なにーっ!画像に入れたキャプションも消えた!もう今日は気力無しです。 ※簡単にキャプション入れました(涙)
夜中にも出来るベントウィンドー廻りの地味な作業だけはコツコツとコソコソとやっておりました。
1ヶ月くらい仕事休んで色々やれたらなんて夢想しますが、たぶん休めたとしても嫁につかまって家事手伝いで終わりそうです。仕事が忙しい方が楽かも?

錆びが酷く固着した(片方)のフレーム、固定するピンは錆でもげてます。

時計メーカーに勤める友人がブログ見て、旧い時計のオーバーホールで使うあの手この手を教えてくれました。で最初はネジをドリルで揉んで破壊などを考えてましたが、急がば廻れで、まずは錆び取り液に浸けて念入りに錆び取り後バーナーで炙る、冷やすで固着パーツもネジも無事分解できました。

良好な状態の片側フレームと付いてるピン。右に並べたのは仮に見繕ったパーツ。

家にあるパーツを合体。ピンの代わりはキャブにケーブル差し込むパーツ。サイズはいけそうです。本当はアルミ棒の削り出しを溶接が出来ればいいのですが、無理。

フレームに溶接で付いてたピンの根元をドリルで揉んで外しました。

ここに溶接の代わりにネジで固定、狭いのとガラスが入るのでで頭を削ります。

仮装着、代用ピンの高さを削れば使えそうです。動きも位置も問題なし、たぶん。

TJさんのブログでスピアーノ(エアロメーカーのダムド/アンセルのコンプリート販売)キャトル顔を見た後、よくお邪魔するクルマ屋さんに本物キャトルがありました。かなり綺麗なんですがフロントが…。だいぶ前にキャトルかラダニーバを買いたくて探した事もありました。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

地味な作業をコソコソと。 への2件のコメント

  1. papabus より:

    sawacchiさん、夜中しか時間が取れないので、怒られないように、コソコソと焙ってます。今度はついでにスルメも焙るかな。

  2. sawacchi より:

    夜中にこそこそで、炙ったりしてるんですか。
    お見それします。
    私なら、するめを炙ってるな。(飲ん兵衛