墓参りと日暮里・舎人(とねり)ライナー

Share on Facebook

先日、都内にある親類のお墓参りと両親の墓参りに行ってきました。
親類の家は台東区根岸(この辺りはお寺と風俗店が沢山あります)という下町にあるお寺なんですが、小さい頃はよく遊んでもらったり、広いのでよく泊めてもらったりお世話になりました。親父も戦後ここでクルマの練習をしたと言ってましたが、私も初めてバイクに乗る練習をしたのもここの境内だった記憶があります。
挨拶とお墓参りを済ませ、次は両親の墓がある都営霊園へ。こちらは桜が散り始めて満開の千葉とはまた違う風情が楽しめます。お花見の場所取りの方もちらほらと見かけます。ここはお墓の維持費?もかなり安いのが有難い。
昼頃には墓参りも終わり、子供達のリクエストで足立に住む友人の家に遊びに行く事に。ここにはつい最近開通した舎人(とねり)ライナーという新線があります。
歩いてもいける所に大きな舎人公園というものがあるのですが、ここに遊びに行くために舎人ライナーに一駅だけ乗る事にしました。
クルマの中ではつまんないを連発していた下の子も駅に向かう道はニコニコしながらスキップしてます。
公園はBBQが出来る広場や子供が入れる池などがあり、のんびりするのも子供が遊ぶにも最適です。さらにこの公園の小高い丘は眺めも良いのですが、丘の下(中には)舎人ライナーの車庫があります。私としてはここが覗いて見たいのですが、普段は見る事は出来ないようです。
このあと友人宅で焼肉を食べて、子供達は名残惜しそうでしたが帰宅しました。
※追記:正式には「日暮里・舎人ライナー」と呼ぶようです。

境内の桜

根岸のお寺に咲くしだれ桜?かな。

都営霊園では散り始めた桜の花がびっしりと地面を覆っています。

風で散っている桜なんですが、判りませんね。
実際はまさに桜吹雪といった趣でした。

舎人ライナーの駅から。ゆりかもめと同じようなワンマンカーの運行。

出来たばかりの舎人公園駅。ライナーは西日暮里から延びています。

公園から見た駅。

公園内の池。広場と植栽のバランスもいい感じです。

丘の上から公園と都心方向を望む。
この下は電車の車庫です、見たいな。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

墓参りと日暮里・舎人(とねり)ライナー への4件のコメント

  1. papabus より:

    赤の’57さん、私も最初は舎人(とねり)は読めませんでした。隣の駅も谷在家(やざいけ)なんて地名でこれも知らなきゃ読めないですね。
    タイトルにもふりがな入れようかな。

  2. papabus より:

    Gmundさん、私の母親は去年だったのですが、生きてるうちにあまり恩返しはできませんでしたね。
    今の時期は花粉さえなければ墓参りにはいい季節かもしれませんね。

  3. 赤の’57 より:

    舍人ライナーっていうんですか!
    長いこと工事をしているのは知ってましたが、開通したんですね~!!
    ところで舍人って、ちゃんと読める方、どれだけいるでしょう??
    知らなきゃ読めない地名ってたくさんありますよね!

  4. Gmund より:

    キレイな風景写真がいっぱいで、目の保養になります。
    papabusさんもご両親が亡くなられているんですね。
    私も4年前に母が亡くなって両親がいなくなりました。
    お墓参りに行くと、なんだか気分が落ち着きます。