タンクのサビ退治、途中経過を?

Share on Facebook

昨日で発表会も無事終わり、抱えていた大きめの仕事が一段落しました。
そこですっかり放置気味ながら、悪戦苦闘していたタンクの錆び取り、下に処理前、処理後を並べましたが、
確かに効果はあります、がまだ処理不足の感があり、
このまま使うとそのうちサビが再発しそうです。
たぶんガソリンを抜いた後の脱脂処理不足や
常に暖かい状態で処理出来なかった事も一因かもしれません。
このあと再度処理するか、そのまま使うか、いま考えています。

これが処理前のタンク。サビサビで中はサビ片が堆積してました。

処理後、その1。上の処理前と較べるとかなり綺麗ですが。

処理後、その2。まだ黒ずんだ部分が気になります。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

タンクのサビ退治、途中経過を? への8件のコメント

  1. papabus より:

    sawacchiさん、こんばんは。
    黒いの表面だけな感じなんですよ、
    うまく行ってるところとは、微妙に違う。
    いっそサ○ポール(伏せ字になってない?)で、すっきりさっぱりとやりたくなりますが、中和処理に自信ないのでガマンしてます。

  2. papabus より:

    futofutoさん、こんばんは。
    微妙な感じなのですよ、
    今、小物類の錆び取りテストやりながら、
    もう一度軽く処理しています。

  3. sawacchi より:

    あ、ひとつ書き忘れてました。
    うまい事、黒皮の錆になってれば、それ以上は酷くならないと思いますが、
    この状態だと、難しいかなぁ。
    ましてや、液体に触れるところですから。

  4. futofuto より:

    かなりいいですねーー。
    黒くなってるってことはサビが安定したってことなのかもっ。。
    ハナサカGなかなかやりますナーーー。(^^)

  5. papabus より:

    sawacchiさん、やはり出ますかね?
    根気がないので見なかった事にして装着しようと思います。
    今度はサビ再発レポートかな?
    アルミタンク作ったら軽く本体価格超えそうです、激安で手に入れたバイクなので。
    問題なのはこの後に控えるBUSのタンクです、どんな事になってる事やら。

  6. sawacchi より:

    また、確実に、錆が出そうですね。
    (嫌な事を言う、私です。)
    思いきって、アルミで作り直しましょう。
    (また、面倒な事を言う、私であった。)
    鉄である限り、錆からは逃げられないんでしょうね。
    困ったもんだ。

  7. papabus より:

    赤の’57さん、こんにちは。
    あの黒い部分が気になるんですが、また処理するのも気が重いので、使って様子見ようかと思います。
    温度はかなり反応に差がでるようなので夏の方がきっと楽ですね。
    今回は風呂の残り湯で温めてたんですが日中様子見れないのでなかなか…。

  8. 赤の’57 より:

    おおお!
    劇的ビフォー、アフターですね!
    あの黒い部分もそのままでは増殖していくのですかね?
    温度の維持が大事なのでしたら夏場にやった方が楽で効果的ということになりますかね?