タンクのサビ退治、まずはバイクから

Share on Facebook

今は夜中の3時、あと暫くはこの時間にならないとプライベートが楽しめない日々が続きそうです。
で今日は、2日前から始めた錆び取りについて、中間報告を。
といっても終わってないので、よくある処理前、処理後の画像はまだ無しです。
バイクのタンクに残ったガソリン、逆さにすると漏れるくせに全部抜くのは、
結構骨が折れます、受けの容器にホース付けてタンクを左右に振りながら悪戦苦闘。今も腰が痛いです。
ガソリンは新しいのですが、底のほうに溜まったガソリンは赤茶色に濁り、半固形化しています。しかもサビの破片がボロボロと一緒に出るでる。
これでよく動いていたと妙に感心したりして。
やっとの思いで全部抜いてシャワーで水洗い、ここでもまだボロボロサビが出る。
ここで花咲かGの出番ですが、BUSのタンクにも使いたいので満タンにせず、
60度のお湯で10倍位希釈してタンクの半分程満たしまず下(底側から)処理。
冬はすぐ冷たくなるので温度維持のため、風呂にドポーンと入れました。
現在2日目ですが、まだ処理継続中。
明日はタンクをひっくり返して上側の処理。また結果は報告させていただきますが、バイクのタンクでこの悪戦苦闘ぶりでは、BUSのタンクはもっと大変かも・・・

キャップまわりもサビサビ。

抜いたガソリンの一部、オレンジ色の固まりがドロドロと出てきます。

中を覗いたところ、奥はもっとスゴいかも。

バスタブのお湯の中でプカプカと浮かべて処理中。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

タンクのサビ退治、まずはバイクから への6件のコメント

  1. papabus より:

    sawacchiさんへ、
    ここ最近は平均4、5時間で、へろへろなんですが、
    貧乏性なんで、遅く帰ってもすぐに寝るのが勿体無いのと、仕事だけで一日が終わるのもなんだかなーと、馬鹿ですね。
    もともと夜更かしなんですが、40過ぎてからは、きつくなりました。

  2. papabus より:

    ボールチェアーさんへ、
    そうかアルミテープですね!
    最初、キャップまわりを外して「ガムテープ」で塞いだら見事漏れて、戻してしまいました。
    やはりパッキン類には良くないですよね。
    これから逆さにするので早速、アルミテープで塞いでみます。

  3. sawacchi より:

    平均睡眠時間が、気になっちゃいます。

  4. ボールチェアー より:

    キャップは外した方がよかったかも…
    キッチンテープ(アルミのテープ)で塞いでやりました。
    根気との戦いです。

  5. papabus より:

    赤の’57さん、ここ何日かは、夜中に風呂場でタンクに熱いシャワーをかけてあげるのが日課です。
    思ったより処理に時間が掛って大変な作業になっております。

  6. 赤の’57 より:

    夜中の作業ですか!
    体力ありますね!
    私は12時過ぎるとまったくダメです。
    私のカルマンのタンクもそんな状態なのかなあ…と、ちょっと恐くなってきました。