メーターまわりとタコメーター

Share on Facebook

うちのBUSのメーターまわり(メーターパネル?)は買った当初、グローブボックスカバーや灰皿も併せて木目のカッティングシートが貼ってありましたが、好みとしてちょっと違和感があったのではがして見たところ、あのシボが消えかける程削られた状態でした。
(それで前の方はシートを貼ったのかもしれません)

まずはきれいにして半つやの黒でカバーとメーターパネルは塗ったのですが、やはりシボの消えて削れたような質感は隠せませんでした。
またメーターパネルの一番右も何もなく穴がぽっかり空いたままで何ともしまらないので「東急ハンズで見つけたポップな感じ時計」800円位をはめ込んで誤摩化しています。

こんな状態で半年位乗っていますが、先日ヤフオクでちゃんとシボのある『メーターパネル」と別の方からパネルにはまりそうな「VDOの大きめなタコメーター」を手に入れました。メーターは裏から汎用金具(ステー)で固定したら割に具合よくパネルに収まりましたが、まだ装着できずに部屋の片隅で眠っています。
ただこのメーター動くか不明な激安品なので、早いところ付けて見ようと思います。
(やりたい事は盛り沢山ですがなかなか・・・)

カテゴリー: VWメンテ記録等   パーマリンク

コメントは受け付けていません。